ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.126 世界で一番ゆるい 王様の時間術―これで残業時間はゼロになる

Vol.126 世界で一番ゆるい 王様の時間術―これで残業時間はゼロになる

世界で一番ゆるい 王様の時間術.jpg
世界で一番ゆるい 王様の時間術―これで残業時間はゼロになる


水口和彦(著) /  ダイヤモンド社 / 2010年1月

 

 


皆さん、こんにちは。松山真之助です。
少しづつ春めいてきましたね。季節がちゃんと巡ってくるっていうのも、考え
てみるとありがたいことですね。
さて、きょうは、時間術の話です。


_《 この本のツボは? 》_________
 
本書には、著者の水口さんが住友電気に勤務している時、いろいろと試行錯誤
して編み出したタイムマネジメントの要諦が書かれています。
タイムマネジメントは、本の題材としても、また研修としても不滅の(?)テ
ーマですね。

あなたの為だからとか言って帰宅直前に残業を頼まれたり(笑)、急なトラブ
ルが起きたり、思うにまかせないのが日々の仕事ですね。そんな中で活かせる
「最前線で働く人」のための時間や仕事のマネジメントが、この本の中身。

具体的なスケジューリングや、仕事の進め方などのヒントが書かれているのも
うれしいですが、それより、時間管理の考え方やとらえ方(視点)が新鮮なと
ころが何より素敵です。

大切なことは、「 タイムマネジメント」と「スケジュール管理」は違うという
ことです。

まず仕事には、"アポイント"と"タスク"がある、という認識が必要です。
アポイントは、何時から会議とか、お得意様へ行くとか・・そういう約束のこ
と。手帳によく書き込むあれですね。
もうひとつ、仕事にはそういうアポイントではない、タスクというものがあり
ます。新規事業の企画案をまとめる、とか、トラブルの対策を作るとか。この
タスク管理こそがタイムマネジメントの重要な部分なのです。

なぜなら、だいたいの人はアポイント管理(つまりスケジュール管理)は、嫌
でもやっていますが、タスク管理はおろそかになりがちだからなんです。

さて、このタスク管理で重要なのは、Tod oリストで管理するのでもなく、
また細かな時間割を手帳に埋めることでも、ない、と水口さんは言います。

じゃぁ、何をするのですか?

タスクを分割して、日にちに割り振ることが重要だといいます。
時間は決めなくていい。その代り、スケジュール管理(アポイント)の時間な
どを書いて見える化しておく。これは、アポイント以外の、作業に使える時間
を見える化するためなんですね。

びっちりスケジュールで埋める時間割方式ではなく、こうした微妙なゆるさが、
継続と成功の秘訣だといいます。
詳しくは本書に譲るとして、こうした、ものごとの捉え方、視点がユニークな
ところ、そしてちょっ"ゆるめ"なところが本書の魅力です。

昨年人気があった yPad も、実は、考えてみると本書の考え方を実現している
ひとつかもしれないですね。 → http://bit.ly/webook_yPad

このほか、「開きっぱなし」がいい(スケジュール帳)とか、貴重な時間を活
用するには朝ダッシュがいい、など、いろんなヒントが書かれています。

今年は時間を有効に・・・なんて考えてる方、ぜひどうぞ!


__《 おすすめ度は? 》___________


   ★★★★★+タスク命

 

◆目次

 プロローグ 仕事時間は3割減らせる
 第1章   まず「ルーズな自分」を許せ!
 第2章   分刻みのスケジュールなど、いくら立ててもムダなのじゃ
 第3章   仕事には、自分で締切りを作るのじゃ
 第4章   これで残業時間もゼロになる
 第5章   「いつかやりたいこと」を実現させる時間術なのじゃ
 エピローグ 時間貧乏から脱出しよう!

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.126 世界で一番ゆるい 王様の時間術―これで残業時間はゼロになる

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る