ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.124 THE 芸人学

Vol.124 THE 芸人学

THE 芸人学 スゴい!お笑い.jpg『THE 芸人学』

ラリー遠田 

東京書籍

2009年12月

 

こんにちは、小川晶子です。

M-1グランプリ、終わっちゃいましたね。
爆笑レッドカーペットも昨年夏にレギュラー放送が
終わってしまったし。

お笑い好きにとっては、サミシイです...。

でも、
テレビをつければ必ず見るのがお笑い芸人。

司会をし、コメントをし、
クイズに答え、レポートをし...。

ネタをやる以外に、大活躍しています。

場の空気を和ませたり、
共演者を引き立てたり、といった話術、
言葉の使い方にはいつも感心。

コピーライターとしても、
ビジネスパーソンとしても、
本当に学ぶところが多いなぁと感じます。

今日ご紹介するのは、
お笑い評論家のラリー遠田さんによる『THE 芸人学』!

30人のお笑い芸人をピックアップし、
人気の秘密、戦略などを解説しながら
・コミュニケーション術
・自己アピール術、
・プロデュース術、
・仕事術、
・人生哲学
を学べるようになっています。

 

たとえば、くりぃむしちゅー有田哲平から学ぶのは、
「場の空気を支配する技術」。

有田の人気の秘密は、
自分が一歩ひいて、他の人の面白さを引き出すパスを出す、
「ミッドフィルター芸」を確立しているところだというのです。

なるほど、確かに。

有田は人をいじったり泳がせたりして、
自分はそれを笑う側に回ることが多い。

直接笑いを作るよりも、
笑いが起こる状況に周りを巻き込んでいるのです。

全体の状況を見渡して、パスを出したり受けたりする意識。

マネしたいです...!


本書に出てくる芸人は、
今田耕司、
ビートたけし、
島田紳助、
松本人志、
太田光、
タモリ、
明石家さんま、
志村けん、
千原ジュニアなど人気者ばかり。

あの芸人さんは、こんな戦略を持っていたのね~とか、
こんな歴史があったのね~といった発見も面白く、

お笑いがとくに好きでなくても、
楽しく読めて学べる本です。


◆目次
プロローグ 芸人の生き方に学ぼう
その1 芸人に学ぶコミュニケーション術
その2 芸人に学ぶ自己アピール術
その3 芸人に学ぶプロデュース術
その4 芸人に学ぶ仕事術
その5 芸人に学ぶ人生哲学

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.124 THE 芸人学

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る