ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.110 トレードオフ ~ 上質をとるか、手軽をとるか

Vol.110 トレードオフ ~ 上質をとるか、手軽をとるか

トレードオフ.jpg『トレードオフ ~ 上質をとるか、手軽をとるか

ケビン・メイニー(著)

プレジデント社

2010年7月

 

皆さん、こんにちは。松山真之助です。
ようやく厳しかった暑さも徐々に収束みたいで、秋の気配がありますね。
きょうは、「トレードオフ」という納得感のある翻訳書のご紹介です。


<本書のきらめき>

消費者としての私たちは、様々な商品やサービスを買うとき、「上質をとるか
」あるいは「手軽をとるか」の二者択一(トレード・オフ)で判断している。
本書のエッセンスを簡単に述べると、こんな感じでしょうか。

これは、上質と手軽の「両方狙う」とダメですよということでもあり、どちら
でもない「中途半端」もダメですよっていうことでもあるのです。

本書には、上質ねらいとして iPhone や、テスラ・モーターズのロードスター
、有名私立大学(ハーバードとか)で学ぶこと、高いチケットで観戦するNF
Lゲームなどが紹介されています。
一方では、ウォルマートやマクドナルドなどの手軽さ狙いのサービス、製品が
あり、ナルホドと思えます。

いずれも上質か、手軽さかだけを追求している(両方ではない)ところが、ポ
イントです。

上質とは、経験+オーラ+個性。つまり、商品やサービスだけでなくそれに付
随する素敵な経験、そして、それが放つオーラと他にはない個性。これらが合
わさって上質を形成するといいます。

手軽さとは、入手しやすさ+安さ。安くても、どこでも入手できないと手軽と
はいえないようです。

どちらか一方の極を狙えばいいのですが、手軽でかつ上質・・といった欲張っ
た考えをついついしたがるのも常です。
しかし、その先には不毛地帯という目指してはいけない土地があるといいます。

その具体例として、スターバックスがあげられています。
スタバといえば、独特の空間、そこにいる上質さ、あのカップを持っている優
雅さ・・といった雰囲気が売り。ところが、一時拡大路線に走ったスタバは、
その上質さに、手軽さという危険因子を入れかけたことがありました。

20年目の迷走とも呼ばれた失敗は、多数の店舗閉鎖という苦い経験をへて回
復しました。スタバが多くの店舗を閉鎖するというニュースは、メディアで大
きく取り上げられていたが、その裏の背景にある「上質と手軽のトレードオフ
」について指摘したところはなかったような気がします。

また、同様に、廉価な製品を出して失敗したCOACHや、NYCに出店をし
かけたウォルマートなど、なるほどそれはいかんね・・・という事例もありま
す。

本書は、上質か手軽かというトレードオフの実態を豊富な事例で示してくれる
刺激的な本です。


<僕のつぶやき>

二者択一(二分法)の、面白いところは、分かりやすいところ。本書のように
多くの事例で示されると納得感が増します。

本書にでてこない日本の事例を考えてみましょう。
たとえば100円ショップのダイソーは手軽さ、マクドナルドも手軽さ、一方
でモスは(ファーストフードの中でも)上質ねらいですね。
回転寿司やユニクロは、手軽さねらいでしょう。

最近は、デコクロというファッションスタイルが流行のようです。これは、手
軽なユニクロのファッションにデコレーションをつけてオリジナリティを出し
、少しだけプチ上質を狙おうというもの。トレードオフ後のバリエーションと
いうことでしょうか。

私たちが、様々な場面で、上質か手軽かを選んでいるシーンを思い浮かべてみ
るのも楽しいですね。


<お勧め度>

★★★★★+無意識の選択


----------------------------------------------------------------------
『トレードオフ』
上質をとるか、手軽をとるか
ケビン・メイニー(著)/ プレジデント社 / 2010年7月

$$$http://www.amazon.co.jp/gp/product/483341936X?ie=UTF8&tag=nextseminar01-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=483341936X$$$
----------------------------------------------------------------------

◆目次

第1部 上質と手軽の天秤
上質か手軽か
取拾選択
不毛地帯と幻影
カメラ付き携帯の衝撃

第2部 勝者と敗者
上質の頂点
手軽の頂点
奈落
最悪の選択)

第3部 二者択一の決断
イノベーション
破局
光明
戦略
あなた自身の強み

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.110 トレードオフ ~ 上質をとるか、手軽をとるか

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る