ホーム > 過去のキャンペーン > グラビティプレーン理論 クラブの動き編

グラビティプレーン理論 クラブの動き編

田中 振一朗 (総和社)

グラビティプレーン理論 クラブの動き編

期間:9月30日(木)~10月3日(日)

購入者特典

1. 「体の動き編」動画+レッスンテキスト

価格: ¥1,800 (税込)

代表的なゴルフレッスンというと、グリップやセットアップに始まり、テイクバックからバックスイング、そしてトップ、ダウン、インパクト・・・と時系列にスイングを区切り、それぞれのポジションや動きを説明するものか、体の部位、たとえば頭、腕、肩、腰などのパーツの動きを説明するもの、或いはそれらの複合的なものでしょう。 こういったレッスンの多くは、なぜその位置なのか?なぜそう動かすのか?といった理由があまり明確に説明されていない場合が多いようです。つまり、「最終的にどうしたい、だからこうする」ということの「最終的にどうしたい」という部分の説明がなかったのです。だから、習う側はただ闇雲に言われるままにやってみるしか方法がありませんでした。従って、それは目的地を知らされないままに旅立つような不安な旅行や、何が出来るかわからないまま、ただ指示通り作る料理に似ていたといえるかもしれません。仮にうまく出来ても、二度と同じ料理は出来そうにありません。 ゴルフのレッスンで問題になるのは、実はレッスンしている側にさえどこに到着するのかがわからないままにレッスンしていることが非常に多いということです。それは、単に墜落しないように操縦を指示しているだけ、といった状態に近く「一体、どこに到着するのですか?」と尋ねると「それは個人差があるから決定できない」とごまかされてしまい、個人差と言われると、なんとなく納得させられているような状態でした。本当は目的地は明確でなければならないはずです。 スイングは千差万別で形にはめるのは良くない、という意見があるかもしれません。確かに個性は大切です。しかし、個性や個人差というものは、ゴルフに限らず、しっかりとした基本を身につけた後に生まれるもので、基本のない個性であれば、それは野生ということになります。だから個性というものは、目的地までの道幅内でのほんの少しの違いであり、料理で言えば個人的な好みによる多少のスパイスの違いといったもので、決して目的地そのものや出来上がる料理が全く違う、ということではないはずです。 本来レッスンをする側は、どこに到着するのか?どんな料理ができるのか?という疑問には、明確に答えられなければならないはずです。しかし、かつてその目的地を明確に示したレッスンは残念ながら存在しなかったのかもしれません。非常に長い間、様々な方法やスイング論が生まれ、それぞれに正当性を主張し混乱を招いてきた根底には「明確な目的地が分からなかった」ということがあったのではないでしょうか?果たして明確な目的地というのは一体どういうものなのか?それが分かればあなたの「スイング設計図」が明確に描けるでしょう。

キャンペーンサイトはこちら

ホーム > 過去のキャンペーン > グラビティプレーン理論 クラブの動き編

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る