ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.106 STATIONERY HACKS!

Vol.106 STATIONERY HACKS!

STATIONERY HACKS!.jpg『STATIONERY HACKS!』

土橋 正 (著), 小山 龍介 (著)

マガジンハウス

2009年10月

 

 

こんにちは。キアです。

本書の「はじめに」には、

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」

という、メジャーリーガー松井秀喜の恩師の言葉が引用されています。

本書、「STATIONERY HACKS!」は、この言葉の「心」の部分を「文具」と
置き換えたものです。

使っている文具をかえることでその人の行動が変わり、習慣が変わっていく。

それはさらに人格を変え、運命すら変えていく...ということで
「文具が変われば運命が変わる!」のだそうです。

大げさなようですが、文具マニアの私としては、わかるような気がします。

「文具な整理」(第1章)ということで整理の達人になるために文具を活用する、
というのは従来の文具の使い方として誰でも思いつきそうなことですが、
本書では「文具な発想」(第2章)ということで文房具を活用してアイディアを
生み出すハック、「文具な時間」(第5章)ということで文具で時間を管理し、
時間感覚を磨くハック、といような、一歩先へ進んだ文具の活用法が紹介されています。

本書で紹介されている文房具は約250点、写真つきで眺めているだけでも楽しく、
わくわくします。

私が子供の頃に使っていたような文具といえば、非常に事務的なものか、
子供向けのキャラクター向けのどちらかだったような気がしますが、
最近の文具はスタイリッシュなものが増えました。

また、見た目だけではなく、その機能の進化にも驚かされます。

例えば、ペン一つとっても、油性ボールペンなのに水性ボールペンの
下記味を実現したペン(三菱鉛筆/ジェットストリーム)、
摩擦熱でインクを消すことができるペン(パイロット/フリクション)、
圧縮空気の力でどんな向きでも書きやすいペン(トンボ鉛筆/エアプレス)
といった高機能のものがでてきています。

また、ノートに書いた文字やイラストがそのままデジタル化され、
クリップサイズの受信ユニットからUSBでPCにつなぎ、
ipegデータに出力できる(ぺんてる/エアペンミニ)というような、
本来アナログなものであるはずのペンがデジタルに対応しているものもあります。

キングジムのポメラのような、デジタルテキスト入力ツールだけではなく、
図やイラストも自由にかけるペンをデジタル化した、というのが便利ですね。

デジタル化の方向とは反対に、ストレスフルな仕事の合間にリラックスを
もたらすようなペン、ということでエッセンシャルオイルをしみ込ませて香りを
楽しむペン(ぺんてる/ペンナ)、
香り付きのシャープペン芯(ペンテル/サプリオ)といったものまであります。

本書では、そんな進化した最新の文具を単に紹介するだけではなく、
それらの文具をどのように活用するかが説明されています。
誰でも簡単に使えるからこそ取り扱い説明書がない文具ですが、
「使い方」を知っていても、「どのように活用するか」は意外と知られていないもの。

「あとがき」 によると、本書は、文具を使いこなして仕事をはかどらせるといっても
なかなかひと筋縄ではいかず、いろんな文具を使って試行錯誤するもの。

そんな遠回りをせずにできるだけ効率よく自分にピタリと会う文具、
そして使い方をみつけるための本だそうです。

最近は文具そのもの進化だけではなく、ネットショッピングの進化のおかげで
文具を探すのも楽になってきました。

本書を読み終わった瞬間、気になった文具何点かはすぐにamazonで注文をしてしまいました。

注文したものが家に届いたら、運命が変わるといいなと思います。

 

◆目次
Chapter 1 文具な整理 整理の達人になれるハック!
Chapter 2 文具な発想 文具を活用してアイデアを生み出すハック!
Chapter 3 文具な表現 文具で自分らしさを表現するハック!
Chapter 4 文具な環境 文具で創造性を引き出す環境をつくるハック!
Chapter 5 文具な時間 文具で時間を管理し、時間感覚を磨くハック!

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.106 STATIONERY HACKS!

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る