ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.103 人生を好転させる「新・陽転思考」

Vol.103 人生を好転させる「新・陽転思考」

人生を好転させる「新・陽転思考」.jpg『人生を好転させる「新・陽転思考」』
和田裕美著

ポプラ社

2009年8月

 

こんにちは。キアです。


本書の主題である、「陽転思考」はポジティブシンキングに一見似ていますが、
違うものです。

本書によると、陽転思考とポジティブシンキングは、

「見かけはどちらも白いぷるぷるだけど、食べたらパンナコッタだった。
食べたら豆腐だった、というくらいその差はあります。」

とのこと。

著者の提唱する陽転思考とは、

「物事にはプラスとマイナスがあります。ポジティブシンキングではプラスを
見るようにして、マイナスは見ません。一方、陽転思考では、プラスとマイナスの
両方を見て、どちらがいいか自分でチョイスする方法を採ります。

もしくは、あたかも100%マイナスにしか見えない物事からプラスを探して、
そこからマイナスとプラスをもう一度見直して、どっちがいいかを自分で
チョイスする考え方です。」

という考え方です。

ポジティブシンキングとは、「悪い現実を引き寄せしまうから、マイナスのイメージを
決して持ってはいけない」ものです。そのため、ポジティブシンキングの思想のもとでは、
ネガティブな感情をもつたびに「これじゃいけない」と落ち込んでしまうものです。

本種の冒頭には、外資系企業で営業をやっていた時代の著者が、ネガティブな感情を
頭から追い出すために、枕に頭をバンバンとたたきつけながら、一人で夜中に泣いた、
というエピソードが出てきます。

著者は悩んだ末に、ポジティブシンキングを捨てる決心をし、

「無理に明るくしない。/泣いたっていい。/心配して不安になってもいい。
/たまには愚痴ってもいい。/落ち込んで暗くなってもいい。
/嫉妬しても怒ってもいい。/けれど暗いままの自分でいたくない。
/ネガティブな感情をいったん受け入れはするものの、そのままずっと
「ドロドロとした暗い場所」に居座ることをやめました。いったんネガティブな
面を受け入れて、そのなかからプラスを探して切り替えるー
/それなら、できそう。/きっと私にもできる。」

という経緯で、この「陽転思考」を身につけていったそうです。

勝間和代本にある三毒追放=「怒らない、妬まない、愚痴らない」
感銘はうけてもさっぱり実行できない自分としては、またしても勝手に著者に
親近感を持つとともに、「怒っても妬んでも愚痴ってもいい」陽転思考なら、
実行できるのでは?と思ってしまいました。

また、本書によると、この陽転思考は

「今現在、調子が悪い人でも、取り入れやすい方法なので安心してください。
いい方向に必ず向かうから、大丈夫です。」

とのこと。

調子が悪いときに、ポジティブシンキングをはじめとした、
「こころの持ち方一つですべては変わる」系ビジネス書を読むと、
うまく実行できない自分に落ち込んでしまうことが多いものですが
その点本書は安心なのでした。


本書は、この「陽転思考」の考え方やメリットだけではなく、
この考え方を身につけるための具体的なプロセス(訓練法?)も書かれています。

<プロセス1>
・白い紙の真ん中にペンで線を引き、右側に目の前にある事実と、
その事実によって自分の受けた障害、損失、ネガティブな感情を
書き出して見つめる(泣いてもOK!)

・この状態の中に「よかった」を探し、見つかった「よかった」を
左側に書き出す

・右と左を比べ、どちらの考え方が「自分が幸せになるために必要か」を
基準に選び、選んだ「よかった」を声に出して読む。

・笑う(無理にでも)

<プロセス2>
・1日1個のよかったを探す。
(この「よかった」は臭いものに蓋をするのではなく、気づきと謙虚さが必要)

・毎日「よかった」で終わる日記を書く。

といった方法です。

これらプロセスによって「陽転思考」を身につけて、
本書の「最後に」のラストの言葉、
「いつか死ぬときに『いい人生だったと』言えるような生き方」が
できるようになりたいと思います。

◆目次
第1章 陽転思考を身につける10のステップ
第2章 陽転思考で、あなたの人生は好転する
第3章 陽転思考で生まれる14の思考パターン
第4章 陽転思考が定着する9つのプロセス

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.103 人生を好転させる「新・陽転思考」

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る