ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.098 「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。

Vol.098 「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。

「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか.jpgオーラが良くなる読書術
『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』
日本一ヘンな書店の愛される商いのヒミツ
清水克衛(著)

現代書林

2008年1月

 

みなさん、こんにちは。松山真之助です。お元気ですか?
今日は、とっても楽しい本屋さんを営む清水克衛さんの本です。

<本のきらめき>

仏陀と言えば宗教で、儲かるといえばビジネスの話です。この二つをつなげた
この本は、ちょっと不思議なタイトルですね。

しかし、よく考えてみると、会社も家庭もビジネスも人生も、すべてのことは
どんどん深く掘り下げていくと、どこかで繋がってしまうことに思い至ります。

本書は、ブッダの教えやエピソードを横糸に、本から得られる様々な気づきを
縦糸にして、25冊の本をタペストリー風に紹介する本です。

清水さんの独特のメガネにかかった本と、そこから得られた洞察が面白く展開
されています。心を磨くよいきっかけになるでしょう。

清水さんいわく

原因と結果の法則とよく言いますが、原因が「素直」なら、
結果は「幸せな人生」「商売繁盛」と、自然に決まってくるのです。

で、そういう素直な心を練る本は

素心のすすめ - 池田繁美    http://amzn.to/btFQbt
愛語 - 山田無文老師説話集   http://amzn.to/cySyWy

仏陀の因果応報で、「因」に必ずセットになっているのが「縁」なのですよ!
と清水さん。縁を大切にすることで、運の大きさが全然変わってくる・・そこ
で・・・と清水さんはこんな本を勧めています。

びりっかすの神さま - 岡田淳  http://amzn.to/9lsEq2

僕もこの本は大好きです。先日見た Toy story 3 にも同じような思想がありま
した。清水さんが本書でいっている「ちょっとのおせっかいで、人情を貯めて、
世の中へ還元していきましょう」というところは洋の東西を問わず同じなので
しょうか。

このほか、25冊のきらめく本が紹介されています。商売繁盛と幸せが欲しい
方、ぜひどうぞ。


<僕のつぶやき>

「バカやアホになるって、なんて貴重なことでしょう」という清水さんのつぶ
やきの中で、こんな本が紹介されています。

「ちょっとアホ!理論」~ 出路雅明著 http://amzn.to/bBIhxH

この本、かなりイっちゃってる装丁ですが(笑)、僕も大好きな本です。
Moso思想にも通じる素敵な気づきがある本で、とてもお勧め!

同時に紹介されてるのが

「ホタル帰る」~ 石井宏著   http://amzn.to/dmVVWr

特攻隊を送るおばちゃんの話。この本は読んでないから、次に読もっと。

誰かとお勧めの本を紹介しあうとき、そこに新しい気づきとヒントを見出す時
とてもワクワクします。そのことは、これまで100冊倶楽部で幾度となく楽
しませていただきました。二人でやってもいいし、3人でもいいですね。

出路さんが本の中で推奨しているように、そういう場では、「出来事との出会
い、人との出会い、本との出会い」を同時に実現できるのがいいですね。

もし、そんな体験をしたい方は、次回100冊倶楽部へどうぞ。(たぶん7月)
→ http://webook.tv/100books/ (公式ブログ)
→ http://groups.yahoo.co.jp/group/100books/ (会員登録)


<オススメ度>

★★★★★+愛される商い

◆目次
その壱 ブッダは史上最強の商人である。
その弐 ブッダは時代の先を見る天才である。
その参 ブッダは人情に長けた男である。
その四 「ブッダを読む人」は末広がりで成幸する。

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.098 「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る