ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.085 自分は評価されていないと思ったら読む本

Vol.085 自分は評価されていないと思ったら読む本

自分は評価されていないと思ったら読む本.jpg

『自分は評価されていないと思ったら読む本』

小笹芳央著(幻冬舎)

2009年12月

 

 

こんにちは。
キアです。

今回、ご紹介するのは「自分は評価されていないと思ったら読む本」は、
書店のビジネス書新刊平積みの中で一番に目につくような、インパクトの
あるタイトルです。

レジに持っていくのがちょっと恥ずかしくもありますが。
(「この人、『自分は評価されていない』と感じているんだー?」、と
思われてしまいそうです)

「自分は会社から正当に評価されていない」
「こんなに頑張っているのに上司は分かってくれない」
「どうせ自分の意見なんて聞いてもらえない」

読者の中にもこんな不安や不満を持っている人は多いのではないでしょうか、と、
そんな理由から、タイトルを「自分は評価されていないと思ったら読む本」とした、と
本書の「はじめに」には書かれています。

本書の構成は
第1章「まず、仕事へのモチベーションを高める」
第2章「発想を変えて、自分の市場価値を高める」
第3章「会社とうまく付き合うことに手を抜かない」
第4章「必ず来るピンチは、こうして乗り越える」
と、なっています。

本全体のタイトルだけでなく、各章のタイトルも、
「早く内容を読んでみたい!」と思わせるようなものです。

その中でも一番印象に残るのは、
第1章「まず、仕事へのモチベーションを高める」でした。

第1章の冒頭に書かれているのは、「人はなぜ働くのか?」という
永遠の課題についてです。

本書の定義による、「働く目的」は「自由のため」です。

働く=不自由、働かない=自由という一般的な発想とは反対なのです。

仕事における「自由」とは、好きな人と、好きな場所で、自分が思いついた
「やりたい」と思うことを実現する、そのような、選択肢が多い状態のことです。

やりたい仕事を選ぶ自由、予算を思う存分使える自由、いやな上司を取り替える自由、
できない部下をリリースする自由、仕事を変える自由、自分のアイデアを実現する自由、
そんな自由を獲得するため、人は働くのだそうです。

本書によると、
「働く目的って何だろう?」---この疑問が頭に浮かんでしまうというのは、
ほとんどの場合、調子がよくないときだそうなので、思わず書店でこんなタイトルの
本を手にとってしまったような「調子のよくないとき」に、この「働く理由」に
ついての文章は心に染み入ります。

同じく1章の中の「成長と時間は比例しない」という項目では、
人は「だんだんと成長する」ということはありない、と書かれています。

成長には「溜め」の期間が必要であり、鉄棒の逆上がりを習得する時のように、
練習するうちにある日突然前触れもなく「くるり」と回れる瞬間がくるものだそうです。

なので、仕事においても、「底ばい」の期間に、「本当に成長しているのか」と
不安になったとしても、「逆上がりは自分に向いていない」と諦めてしまうのではなく
「いつかはブレイクスルーがある」と思って、目の前の仕事を一生懸命やることが
重要なのだそうです。

また、第4章「必ず来るピンチは、こうして乗り越える」に書かれている、
失敗やトラブルに見舞われたときも、挫折感や不幸感に陥らなくなる魔法の呪文
「ちょうどよかった、これをきっかけに...」など、働くことが辛くなったときに
「効く」ような文章が満載の本書なのでした。

 

◆目次

第1章 まず、仕事へのモチベーションを高める
第2章 発想を変えて、自分の市場価値を高める
第3章 会社とうまく付き合うことに手を抜かない
第4章 必ず来るピンチは、こうして乗り越える

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.085 自分は評価されていないと思ったら読む本

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る