ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.079 マインドマップ会議術―会議の質を劇的に高める「1枚の地図」

Vol.079 マインドマップ会議術―会議の質を劇的に高める「1枚の地図」

マインドマップ会議術.jpg『マインドマップ会議術―会議の質を劇的に高める「1枚の地図」』

高橋 政史, 大嶋 友秀 著

ダイヤモンド社

2009年9月

 

こんにちは。キアです。

今回ご紹介する「マインドマップ会議術」は、数あるマインドマップ本の中でも、
マインドマップの会議での活用について特化した本です。

※マインドマップを知らない方のためにご説明すると、「マインドマップ」とは、
 中心にテーマを書き、そこから放射状に伸ばした枝に、キーワード(単語)を
 書いていくノート術です。

マインドマップを一度も見たことがない方は、こんな説明を読んでも、
どんなものなのかイメージがしづらいと思いますので、マインドマップを開発した
会社の公式HPの画像を見ていただけるとよいと思います。

http://www.mindmap.ne.jp/seminar-lecture/mindmap.html


私は、2年弱前に、研修でマインドマップの書き方を習って以来、メモもノートも
すべてマインドマップで書いている(よく、周囲の人に、「キアさんが書いてる、
変な落書きみたいなのは何ですか?」と問いかけられます)マインドマップユーザーです。

ですが、私が書いているマインドマップは、自分ひとりの思考の整理や記録のためのものであり、
本書「マインドマップ会議術」で説明されているような、会議・コミュニケーションのために
使用したことはありませんでした。

なので、マインドマップについての本は何冊も読んだことがありましたが、
本書の内容は新鮮に思えました。

本書の第1章では、質の低い会議の「壊れ窓」について書かれています。

「壊れ窓理論」とは、1枚の割れたガラスが発するシグナルによって、
建物や街が次第に荒廃してく、という理論です。
(ニューヨーク市は、この壊れ窓を修復することにより、再生を遂げました)

本書の定義による会議における壊れ窓とは、
 ・暗黙の契約(参加者が会議は無駄だと思っている)がある
 ・会議の方程式(「問い」に対して「答え」を出すということ)が成立していない
 ・自分のモノサシ(他人の意見を「それはちがう!」と否定する、その否定により、
  他のメンバーは「言ってもムダ」と思ってしまう)
の3つです。

仕事上で日々会議を行っている人なら、誰もが思い当たるふしがある壊れ窓でしょう。

修復が簡単そうに見えて難しい、これらの壊れ窓を修復する「技」が
「ファシリテーション」であり、技=ファシリテーションをカバーする「道具」が
「マインドマップ会議」である、マインドマップを(会議に参加している個人ではなく)
グループ全体で生かすことによって、「質の高い会議」が実現できる、というのが
本書の主張です。

本書では、マインドマップ会議の利点が数多く上げられていますが、特に印象に残ったのは、
「今まで見ていなかった"大切なもの"が見えるようになる」ことです。

"大切なもの"とは、「会議で意見が言わない人がいったい何を考えているか」、
「なぜこの人はこんなことを言うのか」、「『こいつは何もわかっていない』と
感じてしまうような相手の思考のプロセスはどうなっているか」、ということです。

マインドマップにより、思考が「見える化」され、これらのことが見えるように
なるのだそうです。


本書はマインドマップの会議で活用についてに特化している分、マインドマップ自体の
書き方についての記載はあっさりしていますので、マインドマップを初めて書く方は、
本書と併せてマインドマップの書き方についての本(
私のおすすめはアスキームックの「マインドマップが本当に使いこなせる本」です)も
読むことをおすすめします。

私は気が弱いので、周囲に対して、本書で学んだマインドップ会議を実践しましょう!と
主張するのは少しハードルが高いなとも思っていますが、きっと私よりは積極的であろう、
本メルマガ読者のみなさんは、実践してみてはいかがでしょうか。

 

◆目次
「言葉の壁」を超え「チーム力」を建築するマインドマップ会議
知識編―マインドマップ会議を「知る」(マインドマップ会議の「ルール(原理・原則)」
マインドマップ会議の「誕生の軌跡・全5話」
マインドマップ会議の「16のベネフィット」
マインドマップ会議の「3つの秘密」)
活用編―マインドマップ会議を「使う」(「道具」の活用法
「STARサイクル」を回す
明日の会議でさっそく使う
マインドマップ会議でチームが進化した「5つの事例」)
「未来」はこの瞬間に、会議室でつくられる

 

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.079 マインドマップ会議術―会議の質を劇的に高める「1枚の地図」

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る