ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.066 さようなら!「人見知り」

Vol.066 さようなら!「人見知り」

さようなら!「人見知り」.jpg『さようなら!「人見知り」』(同文館出版)

麻生けんたろう

2009年9月

 

こんにちは。小川晶子です。

 

ラジオパーソナリティとして、いろいろな人にインタビューをしたり、
社長さんから主婦まで話し方のアドバイスをしている
麻生けんたろうさんも、昔は「人見知り」だった・・・
いえ、「今も」人見知りだと言います。

『さようなら!「人見知り」』ということは、
人見知りにはもう「さようなら」したんじゃないの?

実は、タイトルの「さようなら!」というのは、
「今まであなたが抱いていた人見知りのイメージからさようならする」
ということなんです。

人見知りで損しているなぁ、なんとかしたいなぁと考えている人は、
人見知りのネガティブな部分ばかりをイメージしてしまっています。
人見知りだって、ポジティブな面があるのです。
「思慮深い」
「口が堅い」
「相手と深くつき合える」
「流されない」など・・・

まずは、人見知りだっていいところがあるんだ!と気付くことが大切。
そのうえで、テクニックを身につけていきます。
その名も「ハイブリッド人見知り緩和法」!
改善ではなく「緩和」です。
人見知りのままでいいけれど、目立たなくさせるんですね。
面白いコンセプトだと思いませんか?
なるほど!と膝をうちました。

ハイブリッド人見知り緩和法では、たった2つのことを意識します。
ひとつは、目の前の人に好奇心を持つこと。
もう一つは、表現したいという欲求を取り戻すこと。
それぞれ、具体的にどうすればよいかも解説しています。

人見知りを緩和したら、次に目指すのは「社交人見知り」、
さらに目指すのは「カリスマ型人見知り」と、
あくまでも人見知りを受け入れながら成長していくのが、
この本の特徴です。

「カリスマ型人見知り」っていうのも面白いですよね。
本人は人見知りなんだけど、「話してみたい!」と思わせてしまう、
人間的魅力のある人のことです。

人見知りをなおしたいなぁと考えている方、
本書を読んで「カリスマ型人見知り」を目指しませんか?

----------------------------------------------------------------------

◆目次

1章  誰でも人見知りの要素を持っている
2章 「ハイブリッド人見知り緩和法」で人見知りを目立たなくする
3章  行動・話し方を変えて「社交人見知り」にバージョンアップする!
4章 これで安心!場面別人見知り対処法
5章  賢い!スゴい!話してみたい!と思われる人見知りになる

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.066 さようなら!「人見知り」

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る