ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.052 成功ハックス

Vol.052 成功ハックス

成功ハックス.jpg『成功ハックス』 (青春出版社)

大橋悦夫(著)

2008/11

 

 

 

タイトルからして、本書は、書店のビジネス書コーナーの中では、
「成功本」カテゴリの棚に置かれることでしょう。

ですが、本書が一般的な(?)成功本と一味違うところは、
まず「はじめに」の章で、

「成功本」がはらむ問題、
「成功本」を手にする読者が抱える問題

=「読んだだけで終わってしまう」問題

=「知り得たことを行動に移す、という成功への第一歩を踏み出さないままに、
その場に踏みとどまってしまう」問題

について論じているところです。

この問題に対して、成功本を含め、500冊以上のビジネス書を読んできた著者は、
処方箋として「成功ハックス」(ハックスとは、「生活や仕事において
『気の利いた手段で、もっと快適に、もっと楽して、もっと効率よく』という方法を
追求していくこと」)を提案しています。

 「成功ハックス」の構成は、
 第1章 目標ハックス
 第2章 行動ハックス
 第3章 継続ハックス
 となっています。

「目標を持つ」「行動する」「継続する」というのは、どの成功本にも共通して
書かれていることですが、それを「快適に」「楽して」と言っているところが、
この本の特長です。

各章の「ハックス」としては、例えばこんなこと提案されています。

<目標ハックス>

 ■毎日5分だけ「やりたくないこと」と「やりたいこと」を書く

 →タイマーで5分のカウントダウンをしながら、
  「やりたいこと」「やりたくないこと」を手帳に書き、週に1度読み返す。

<行動ハックス>

 ■未来の自分に「やるべきこと」を思い出させる

 →任意の時間まで隠しておくことができるデジタル付箋ソフト
 「Stickies」(http://zhornsoftware.co.uk/stickies/)に
 「やるべきこと」を書き込み、それに取り掛かる日時を登録する。

  登録した日時にStickiesが表示されたら、「やるべきこと」に取り掛かる。

 ■時間の無駄遣いを減らす

 →会議室に、2時間だけバッテリーが持つノートパソコンを持ち込んで、
    なかなか取りかかれない仕事に取り組む。タイムリミットは2時間!

<継続ハックス>
 ■もらってうれしかったメールを携帯電話に入れておく

 →もらってうれしかったメールを自分の携帯電話に転送し、
    専用フォルダに保存する。落ち込んだときにこのフォルダのメールを
    読み返し、心を救って「継続する力」を取り戻す。

 ■継続のコツは"ちゃんとやらない"

 →・筋トレを週3回やるというのは、5種類用意した1つでもやれば、
     その日はやったということにする

   ・ブログで週2本記事を書く

  →何行かだけでも書いたら、その日は書いたことにする
 
    と、いうように、「無理をしていない」範囲にすること、
    きちんとやることにとらわれすぎないこと。

 ■明日の自分にバトンを渡す

 ・1日の終わりに「事実」「気づき」「教訓」「宣言」の4行日記を書き、
   そのうちの「教訓」Stickiesに書き込んで、翌日の朝に表示されるように設定する。

これらハックスは実践的で、ハードルが高いものではありません。

そしてなによりも「楽しそう」だからやってみたい、と思ってしまいます。

私は、まずは今すぐやれること、と思い、StickiesをPCにインストールしてみました。

著者のブログに書かれた本書の紹介文に、

「本書は読むための本というよりも使うための本といえます。
 僕自身、独立して最初に始めた仕事はマニュアルづくりでした。
   マニュアルを読んで勇気づけられたり感動したりする、という人は
   あまりいないでしょう。 

   でも、マニュアルを読んで知らなかったことを知ったり、
   欲しかった情報が得られたり、あるいは、正しいやり方を学べたり、
   ということはあるはずです。

 マニュアルは読むためのものではなく、必要に応じて使うためのものなのです。」

 とあるように、「使う」本として、本書を活かしてみたいものです。

キア

◆目次

序 章 成功のエンジンに点火しよう
01「成功本」に振り回されるな! 20
02 成功本から学ぶべき3つのポイント 30

第1章 目標ハックス
―― 1日5分の「書き出し作業」で最適なゴールが見つかる
01 毎日5分だけ「やりたくないこと」と「やりたいこと」を書く
02 ネガティブパワーを推進力に変える方法
03 達成できたことと、達成できなかったことをリストアップする など

 

第2章 行動ハックス
―― 効率よくドンドン成果が上がる「小さな実践」
07 やりたいことを少しでも早く実現させる技術
08 おもしろい本はあえて中断して情報の吸収力を高める
09 確実に血肉になる読書ハック
10 本の内容を質問文にして自分に問いかける  など

第3章 継続ハックス
―― ツール、ルール、スケジュールで楽しく続ける「仕組み」を作る
21 行動の道筋を明らかにして定着させる
22 習慣が長続きする3つの準備
23 習慣が長続きする3つのアクション
24 毎日必ずやっていることにもう1つ習慣を載せる
25 やり方のバリエーションを増やす
26 手応えが得られる仕組みでやる気アップ  など

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.052 成功ハックス

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る