ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.049 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

Vol.049 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

Vol.49.jpg

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ(毎日コミュニケーションズ)
齊藤正明 (著)
2009/2

 

こんにちは。キアです。

「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」というタイトル、
そして帯に書かれた「世界同時不況の今、読むべき『修練の書』」という
キャッチコピーのインパクトが絶大な本です。

「マグロ船に乗せるぞ」と言えば、借金取りの脅し文句の定番(?)のようですが、
民間企業の研究所に勤務する会社員であった、本書の著者の齊藤正明氏は、ある日、
上司に「マグロ船に乗ってこい」と、命じられます。

マグロの鮮度保持剤の研究開発のためには、マグロの全てを知ることが必要

→マグロ船に乗るべきだという、上司の無茶な論理に、気弱な著者は逆らうことができず、
  40日以上のマグロ船生活をおくることになったのです。

そんな経緯で著者が生活を共にした、マグロ船の漁師たちのセリフは名言の宝庫でした。


■「マグロを捕りに行くとき、一番大事なことは、『決める』こと」

 →マグロが捕れるかどうかは、じっくり考えてもすぐに決めても、結局、確率は50%。
    だったら早めに決めて、決めた回数を多くすれば、漁ができる回数も増やせる。

■マグロが捕れる日も、捕れない日も、漁師のやる気は変わらない

 →「いいことが起きたら喜んで、嫌なことが起きたら暗くなる。
     それじゃ犬と同じ。人間は、感情をコントロールできるもの」

■5時間かけて仕掛けた針に、マグロが1匹もかからなくても嫌にならない

 →「できることを全てやった後に、マグロが捕れるかどうかは海が決めること。
    陸の人たちは、人間がどうにもできないことまでなんとかしようとするのが、
     疲れる原因」

■「船に乗るまで、毎日生きているのが楽しかったか?」という質問に対し、
   「どちらかというと辛かった」という著者へ漁師の言葉

 →「『毎日がつらいです』なんて、毎日メシが食えているやつが言うかい!」

■怪我の治療も機械の修理も自分たちで出来る漁師たちに対して、「自分は何もできない」と
  言った著者への漁師の言葉 

  →「『自分はスーパーマンだ!』と思いすぎるから、現実とのギャップに苦しむ。
     最初は『自分は何もできないダメなやつだ』と認めることから、一歩ずつ、
      自分が得意だったり、好きなことを磨くんだ」


あまりにも出来すぎというか、漁師たちがいいセリフをいいすぎなんじゃない?とも
思ってしまいますが、他に誰も助けてくれない海の上で、何十日も同じメンバーで顔を
つき合わせて生活するマグロ船漁師は、ストレスをためずに生きる術を知っている、
と言われれば、説得力を感じます。

実際にマグロ船に乗るのではなく、この本を読んだだけでは
「会社人生で必要な知恵が全て学べる」まではいきませんが、
仕事に行き詰まりを感じたときに、元気が出るような気持ちになる本です。

◆目次

第1章 海の男はストレス知らず
第2章 海と向きあえば自分がわかる
第3章 海の男は仕事を楽しく変える
第4章 マグロを釣るために必要な考え方、ものの見方 
第5章 基本に忠実であれ! 時に大胆かつ賢くふるまえ!
第6章 マグロ船で学んだ 人を活かすコミュニケーション術

 

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.049 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る