ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.015 「コールドリーディング ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術」石井裕之(フォレスト出版)

Vol.015 「コールドリーディング ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術」石井裕之(フォレスト出版)

コールドリーディング ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 『コールドリーディング ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術』

石井裕之(著) /フォレスト出版
2008/7

【詐欺師のテクニックを学んだらどうなる?】

「詐欺師」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

ニュースで結婚詐欺や投資詐欺などの話を聞くと、

「ナンデそんなこと信じちゃったの!?いかにも怪しいではないか!」 と思ってしまいますが、

私は考えが浅かったです。

実は、

詐欺師とは、"騙しのプロ"ではなく"信頼させるプロ"なのです。

「この人は信頼できる人だ」と思わせることができれば、 そのあとの騙しの技術そのものは稚拙だったとしても、 相手は簡単に騙されてしまうもの・・・。

彼らはイキナリ騙しているのではなく、その前に信頼を積み重ねています。

本書はニセ占い師やエセ霊能者たちが使うコールドリーディングの テクニックを、「人から信頼してもらう技術」として学ぶことを目的に 書かれています。

営業であれコンサルティングであれ、恋愛であれ教育であれ、 すべてのコミュニケーションはまず「相手に信頼してもらう」ことが 重要ですよね。

ちなみにコールド(Cold)とは、「何の下準備もなく、その場で」、 リーディング(Reading)とは「占う、心を読む」という意味。

つまり「コールドリーディング」とは、 言語的・心理的テクニックを使い、 何の準備もなく「初対面の相手の心を読み取っているように見せる」

ことです。

ひょっとするとあなたは、

人から相談を受けたり、アドバイスを する機会があるのではないでしょうか?

親身に話を聞き、いいアドバイスをしたいのに なかなかうまく伝えることができず歯がゆく思うことがありませんか?

そういうあなたがこの本を読めば、 コールドリーディングのテクニックは 絶大な威力を発揮するはずです。

で、

どんなテクニックなの?とお思いかもしれません。

実は上の文章もコールドリーディングの基本、"ストックスピール" を使っています。

ストックスピールとは、 誰にでも当てはまるような漠然としたことを、 あたかも相談者の個人的事実を言い当てたかのように提示すること。

「プライベートのときには、仕事のときとは逆の性格が出たりしませんか?」 「自分に厳しいほうですね?」 「読まなきゃいけないと思っていながら、まだ手をつけずにいる本が  ありますね?」

・・・

当てはまります。

いわゆるあるあるネタです。

本書に載っている、これらあるあるネタとその解説を読むだけでも、 面白い!

しかし、忘れてはいけません。大切なのは目的です。

お客様やパートナー、上司や友人に、信頼してもらい、 安心してもらった上で伝えたいことを言う・・・

仕事でもプライベートでも役立つ「コールドリーディング」、 楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか。

◆目次
第1章
ニセ占い師の裏テクニック!
"コールドリーディング"とは?
第2章
コールドリーディングの基礎テクニック
"ストックスピール"を完全マスター
第3章
"ライトハンドシステム(RHS)で
あなたも今日から本物のコールドリーダーになれる!

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.015 「コールドリーディング ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術」石井裕之(フォレスト出版)

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る