ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.005 「哲学」島田紳助・松本人志(幻冬舎)

Vol.005 「哲学」島田紳助・松本人志(幻冬舎)

「哲学」
島田紳助(著), 松本人志(著)
幻冬舎
2002/3

【笑いの異才に学ぶ、トップになるための哲学】

こんにちわ、鹿田尚樹です。

今週の一冊は平成15年に出版された、 『哲学』をご紹介。

島田紳助氏と松本人志氏という、 「お笑いの二人の異才」が語った人生哲学が綴られた一冊。

「笑い」の世界を極める2人の言葉は、現代社会で活動する人にも珠玉の一言。

『やすきよ漫才』が究極の完成品として、日本中で認められていた時代に 島田紳助が「紳助竜介」の方向性についてこう考えた。

「俺ら若手は、もっと狭い層にインパクトを与える漫才をしたらええんや。」
「それが上に飛び出る方法や」

弱者が強者に勝つ方法。 それは、「自分のターゲット・領域(テリトリー)を狭める」こと。

結果「自分のセンスを理解してくれる若いそうにだけ向けて漫才をやる」ことになる。 彼らは、自分の「テリトリー」を理解したうえで、「自分のファンが誰か?」も把握していた。

だからこそ、「一点突破」「ターゲットを狭める」選択が功を奏している。 もし「自分の名前」で仕事をする方(士業・議員業・作家・ブロガーetc)がいたら、 「自分のファン」が誰か?を知ることが一番大切。

そして、自分のターゲットを狭めた上でそこにインパクトを与えていくこと。

これが、弱者の鉄則である。

松本人志も同じようなことを綴っている。

「どんなに才能があっても、僕と同じ方向では、同じ土俵では絶対に無理だ。」
「僕の山のてっぺんには、僕しか登れない」
「例えば、今田とか東野にしても、絶対に僕と同じようなことはしない。」
「むしろ、僕がやっていないことを見つけようとしていると思う。」
「みんな、違う方向に行かなきゃいけないって、わかっているのだ。」

「お笑い」から学ぶ、「その世界でトップになる方法」が満載の一冊。 彼らがトップを取るために、いかにして学び、何を潰してきたのか。

パーソナルブランディングや人生論に至るまで、あらゆるヒントが満載です。

「お笑い」に関係なくても、異業種のトップから学ぶことが、大切です。

「笑いの異才に学ぶ、トップになるための哲学」

ぜひ、読んでみてください!

----------------------------------------------------------------------
<今日のブックエッセンス> (気になる10フレーズ)
----------------------------------------------------------------------

・ 「僕らが劇場に行くのは、別に楽屋で先輩芸人に可愛がってもらうためではない。」
 → 「舞台で観客を沸かせるために行くのだ」

・ 僕の山のてっぺんには、僕しか登れない
 → 「みんな、違う方向に行かなきゃいけないって、わかっているのだ。」

・ 「笑いのシステム」をパクる

・ 職業としての司会業はいくらでも歩みよるつもりだけど、
  笑いの部分では、大衆にウケるように、自分から歩み寄るつもりは全く無い

・ 「心の豊かさのため」に、お金は必要なものだ
 → お金とは、心の安心感である

・ 日本国民全部が僕の笑いを受け入れるようになったら、それはやっぱり変だ。

・ 売れるためには「時代の流れ」も分析しなければならない。

・ 僕の『漫才教科書』の裏表紙には1千万円と書かれている。

・ ダウンタウンもスタートは完全コピーから始まった。

・ 松本にさんまのような華はない。

◆目次◆

第1章 松本紳助、「笑いの哲学」を語る
第2章 松本紳助、「人生哲学」を語る(友達について
結婚、そして家族について
いちばんについて
子供、そして教育について
お金について
日本、そして日本人について
お笑いについて
生き方について
今後の自分について)
第3章 島田紳助と松本人志の邂逅

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > Vol.005 「哲学」島田紳助・松本人志(幻冬舎)

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る