ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > 創刊号 「出逢いの大学」千葉智之(東洋経済新報社)

創刊号 「出逢いの大学」千葉智之(東洋経済新報社)

出会いの大学 千葉 智之 「出逢いの大学」

千葉智之(著)、中川ミナ(イラスト)
東洋経済新報社
1,575円 2008/5/15

【人脈オタク「千葉智之」の最強人脈メソッド本!】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

サラリーマンの必要なのは、コミュニケーションの結晶=「人脈」である。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちわ、鹿田尚樹です。

今週の一冊は、サラリーマン著者ながら出版に至った千葉智之さんの処女作 『出逢いの大学 普通のサラリーマンが黄金人脈を作る法則』 。

今年は『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』の坂田篤史氏をはじめ 「サラリーマン著者」の大躍進の年になりそうな予感。

34歳の普通のサラリーマンを自称する千葉智之氏も プライベートでは数百人規模のイベントを開催したり、 芸能人のシークレット・パーティーに呼ばれたりする「人脈のエキスパート」

本書ではサラリーマンでありながら、数多くの人脈を築き上げてきた 著者の「人脈ブランディングメソッド」が惜しげもなく公開されます。

・ 「初めてのお誘いは100倍の価値がある」
・ 「喜んで紹介してもらえる人になるには?」
・ 「人脈ブランディング流 SNS活用術」
・ 「主催者の5つのメリット」
・ 「情報発信の法則 情報は発信するところに集まってくる!」

本書の中で登場する数々の方法は、実際に著者が「法則」を具現化して 実践した手法や方法ばかり。

普通のサラリーマンがどうやって「強力な人脈」を獲得できたかという 秘訣は全て本書に詰まっている。

過去の人脈本に比べて「方法」「手法」が新しく、著者が「サラリーマン」 である点も非常に目新しい印象を受ける。

また中川ミナ氏という方が書いたイラストで登場する 「謎の女教授あいこ先生」このイラストがあまり気に入らなかったものの、 次第に「不二子ちゃん」に見えてきた。

「不二子ちゃん」という男性ならば憧れる女性に教えてもらえるなんて、 なんて素晴らしい一冊(笑)

数多くのサラリーマンが生涯にわたり不安を持ち続ける理由のひとつが 「自分をブランディングしていない」ためである。

「自分をブランディング」する最強ツールが「人脈」であるという著者の 本質がある。そこを突き詰めて実践した著者だからこそ、 サラリーマンにして「出版」にいたるのだ。

20代で将来に漠然と不安を覚えるサラリーマンは必見の一冊!

34歳のサラリーマン著者だからこそ、応用できるノウハウが満載。 20代から知っておけばよかった、そんな言葉が出そうな一冊。

人脈ブランディングを築きたい方々にオススメな一冊です。

----------------------------------------------------------------------
<今日のブックエッセンス> (気になる10フレーズ)
----------------------------------------------------------------------

・ 「人脈」がこれまで以上に重要な2つの理由
(1) 正真正銘「個人の時代」がやってきたこと
 → 「自分ブランド」でしょうぶしなければならない時代
 → 「自分ブランド」の中でもっとも強力な武器が「本物の人脈」
(2) 「環境が人を作る」から
 → 付き合う人によってあなた自身も変わってくる

・ 見返りを期待するなんてナンセンス。
 → 人が喜ぶことをやってあげること。
 → それが「本物の人脈」を手に入れるためのキーポイント。

・ 「人脈」は「お金を生み出すしくみ」の信用エンジンとして働いてくれる。

・ 人と出会う仕組みを作れ!
 「仕組み」=定期的に・必ず・否が応でも・・・人と出会うようにする仕組み
 (例)「朝食講演会」(株)ジョブウェブ

・ 「仕組み化」の大切なポイント
(1) 無理をしない
(2) 気軽に出来ること
(3) 習慣化
 → 「パワーランチ」

・ 人脈を広げるには主催者になることがもっとも効果的

・ 主催者の5つのメリット
(1) 情報が集まる
(2) 人が集まる
(3) 参加者をコントロールできる
(4) 主催者というバリューが生まれる
(5) 主催しないとわからない人脈ナレッジが学べる

・ 人脈は「手押し車」のようなもの
 → 初めは「ビクとも」しない。次第に少しずつ回り続ける。
 → 継続をやめてはいけない。

・ 交流会での振舞い:3つの心得
(1) 料理はほとんど食べない
(2) 記憶に残るキャッチフレーズ
(3) 主催者に紹介してもらう

・「初めてのお誘い」は、仕事をなげうってもでも行くべき
 → 「初めてのお誘いは100倍の価値がある」

----------------------------------------------------------------------

◆目次◆

第1章 人脈について考えてみよう
講座1 本物の人脈とは
講座2 人脈は最強の自分ブランディング
講座3 人脈は最高の「将来への漠然とした不安病」特効薬
講座4 ミラーの法則 人脈はあなたを映す鏡
講座5 逆ミラーの法則 イケてる人と交流しよう!
講座6 予測不能ネットワーク
講座7 見返りを期待しないことがもっとも見返りを得る秘訣
講座8 相手の望むことを探すコツ
講座9 与える力でクリエイティブになろう!
講座10 これは厳禁!! お山の大将
講座11 悪口ほど早く伝わる
講座12 人脈は1日にして成らず

第2章 毎週知らない人に会いなさい
講座13 とにかく、人に会う機会を作れ!
講座14 1人との出逢いで人生が変わる
講座15 原因と結果の法則 昨日と違うことをしよう!
講座16 新規顧客を開拓せよ!
講座17 量稽古をすればかならず量が質に変化する!
講座18 100億円の話 知らないことは想像できない
講座19 人と出逢うしくみを作れ!
講座20 瀬戸内海の孤島で見た人脈の極意
講座21 サラリーマン人脈は狭い!
講座22 ハブとコネクターの法則
講座23 主催者の5つのメリット
講座24 異業種交流会「パワーディナー」成功のエッセンス
講座25 情報発信の法則 情報は発信するところに集まってくる!
講座26 継続の力 TOP5%への入り方
講座27 人脈は手押し車である

第3章 黄金の人脈を作る振る舞い方
講座28 フェア・スタンスで人脈チャンスを広げよう!
講座29 マスターキーの法則 好きじゃないけど、嫌いじゃないの心構え
講座30 人脈ブランディング思考のメカニズム
講座31 超楽観主義論1 プラス思考でいきましょう!
講座32 超楽観主義論2 気分をプラスにもってくテクニック
講座33 超楽観主義論3 ケーススタディ実践編
講座34 交流会の見分け方 参加費、主催者、募集方法で決めろ!
講座35 交流会の価値ってどれぐらい?
講座36 交流会での振る舞い方 3つの心得
講座37 天秤の法則 自分のおもりを意識しろ!
講座38 交流会で話し好きから逃げる方法
講座39 目利き力と組み合わせ力を磨け!
講座40 喜んで人に紹介してもらえる人になるには?

第4章 黄金の人脈を作るテクニック集
講座41 初めてのお誘いは100倍の価値がある
講座42 頼みごとをされたら勝ち!
講座43 外見より中身が大事?
講座44 クイック・レスポンスのすすめ
講座45 実録、NG人脈な人々
講座46 「好き」を仕事にする
講座47 人脈ブランディング流SNS活用術
講座48 人脈ブランディング流時間管理術
講座49 人脈ブランディング流名刺管理術
講座50 人脈ブランディング流オススメBOOK

ホーム > 書評メールマガジンバックナンバー > 創刊号 「出逢いの大学」千葉智之(東洋経済新報社)

出版コンサルティング

おススメセミナー

献本の受付

お勧めの本

部下を動かす教え方

セミナー講師になって稼ぐ法

ページ上部へ戻る